FC2ブログ
竹山馳駆太郎日記
オヤディな日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オソラノムコウハルカトオク
中尉殿
さよならの日

昨日まで家人のプレゼントの大きな流木の上で

エサタノム

手旗信号を送っていた君が、

白い鋏を投げ出して、

水流にヒゲをなびかせていた。

吾等の結婚記念日の翌日のこと。

DSCN3681.jpg
天国には薔薇の花園があってねぇ、
その先にはそれはそれは綺麗な蓮の花咲くお池がある。

ぽんちゃんがそこを行くと、
赤い片手鋏のマッカチンが出てきて、

「オマエドコカラキタ?」

と聞く。

「オイラハ。。。」

それは俺の家族、
そっか、おまえは俺の後から来た奴だな。
どうだ、小僧はでっかくなったか?

そうして、赤い伍長と白いぽんちゃんが出会うでしょ?
それからずうっと一緒に暮らしてね。。。

そんな寝物語をぷいこが小僧の耳元に囁いている。

水とガラスに隔てられていても、
君に天国を望むほど、

君は吾等の家族だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうですか
ずいぶんハサミも大きくなりましたが。
やはり向こうの方が寿命が短い分、見送るのはこちらの役目になってしまいますね。
合掌
2008/06/17(火) 21:36:07 | URL | ぷらぬら [ 編集]
もう少し
長く生きるような気がしていた矢先のことで。

やっぱり腑抜けになりました(泣

大きな水槽にチビエビが跋扈しております。
2008/06/19(木) 13:46:26 | URL | ちくたろう@ [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chikugon.blog22.fc2.com/tb.php/558-8c9e6793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。