FC2ブログ
竹山馳駆太郎日記
オヤディな日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院通いの日々
テラリウム
母が突然入院して、
職場の帰りに見舞う毎日となった。

早いもので、もう10日目。

気が張りつめていた時には自覚なく過ごしていた、
疲労とか、ストレスとか、
だんだんに重くなってきたように思う。

のんびり更新、しようとすると、
思わぬ長文になってしまいそうで、目下自制中である。

この度の教訓。
1.「人柄のよく温厚な町医者」は「腕のいい医者」と同義ではない。
2.「医者は人格より診立て」
3.診立てもできずに人間的に問題のある医師は臨床医には向かない。

この10日間の総括である(笑


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です
医者というのは確かに難しいもので。
それなりに技術を身に付けている医者というのは、勉学に没頭してきた結果ではあるのだけれど、人としての経験・知識が欠落している場合があったりする。
このへんが難しいところですよねー。
2007/10/12(金) 22:55:13 | URL | ぷらぬら [ 編集]
お久しぶりです
教訓3の医者はあまりにも臨床に出まわり過ぎてます。
医者の質が落ちると、看護の質も落ちて…
病院選びも大変なことです。


2007/10/16(火) 02:01:33 | URL | ひかり [ 編集]
お母様
どうなんだろう(ノ_・。)心配です
大きな病院の医者って・・専門外は知らない人多くて
私みたいにいろんな病気あると困るよ
ほんと、医者選ぶって難しいね~
患者を物として扱われたり・・
2007/10/24(水) 13:00:52 | URL | ゆりりん [ 編集]
ぷらぬらさま、ドモです!
人間的魅力にあふれた医師、ってのは、
記憶に残る限り、「そんなにはいない」ですね。

「足切ります」
なんて本人の目の前で言うか?
帝国陸軍かよっ!!!

そんな医師に出会いました。
2007/11/19(月) 18:02:34 | URL | ちくたろう@ [ 編集]
ひかりん、お元気?
教訓3(笑)

開業医なら人気商売だろうに、
大学病院ってとこの臨床医は…orz

看護は結構よかったけど、
謎の女医に翻弄されました(縛)
2007/11/19(月) 18:05:19 | URL | ちくたろう@ [ 編集]
ゆりりん(はぁと
そうそう、大学病院に行けば、
座れば必要な治療はすべて受けられる、

というのは、

幻想です。

攻めの姿勢を見せなければ、
遠慮なく開業医に差し戻されたり、
老人病院に回されたり。。。

大学病院では自己主張とメモ書き、
即答しないこと、が、大切だなと思ったりしました(謎)
2007/11/19(月) 18:08:47 | URL | ちくたろう@ [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chikugon.blog22.fc2.com/tb.php/531-45e70020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。