FC2ブログ
竹山馳駆太郎日記
オヤディな日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶんちゃんチの出入り
フウセントウワタ

おとといだったか。
夜ほろ酔い加減で階段を上っていると、
「!」
頭部のない、ご近所さんの小さなむくろが。

なんだかよからぬことが起こっている、らしい。

暗がりの中、
「こんばんは~」
と声をかけながら家に入る。

そして昨日の朝。
階段を降りつつ、
「お留守番お願いね~♪」

…なんだか大騒ぎをしている。
アシナガバチの団子みたいなものができてて、
巣一面、ぶんぶんと唸っている。
minori

家人がよくよく覗き込むと、
お取り込み中もなにも、
スズメバチが猟奇的鬼畜の所業の真っ最中、である。

思い入れがMAXになっている小僧が、
「ああ~っ!ぶんちゃんが死んじゃうよぉ!
 お父さん、何とかして!
 お母さん、スズメバチをやっつけてよぉ」
と号泣している。

ぷいこは車の窓を全部閉めて(!)
「ぶんちゃん、がんばれ~」
と声援を送っている。

いずれにせよ、
何もできないわけでね。
暗いくら~い気持ちで家を後にした。

その夜、
いくつものかわいそうなむくろはあるものの、
巣は補強され不夜城のように唸っていた。

ああ、怖い、
怖いけど興味深い。
階段に腰をかけてコップ酒片手に蜂見酒である。

ファーブルがハマった理由がわかる、ような気がするな。

無事に大きくなってくれるといいなぁ。
そうつぶやくワタクシに、
来年またもどってきてくれるといいなぁ。
とんでもないことを望んでいる小僧である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chikugon.blog22.fc2.com/tb.php/528-a5f8fec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。