竹山馳駆太郎日記
オヤディな日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫三昧。
耳無海猫
長~い休みの3日間。

ある人はゲェム三昧、
ある人は使命感に満ちたスロッタァ、
ギタァを壊す人になったり、それをウットリ見ている妻になっていたり。

我が家はといえば猫三昧、である。
[猫三昧。]の続きを読む
スポンサーサイト
金太枕。
香箱
海にゃんと家人はとても相性がいい。
一緒にいる時間も長いし、
運命を呪いながらも、甲斐甲斐しく世話を焼く男奴隷の誕生である。

どうやら海にゃんは、男性に飼われていたような空気がある。
[金太枕。]の続きを読む
まろうどの座から
kuromame
引き寄せの法則、というのがある。
世の中に偶然は存在しない、
すべてこの身が招いたこと、とか、
夢は叶う、とか。

土曜日の朝、家族で子供の名前について話していた。
「もしおかあさんがあと二人男の子を授かったら、
陸海空、って名前にするかな(笑)」
なんてね。

その日ある人から、見合い写真が届いた。
ワタクシに、ではなく、婿養子である。

白黒の3か月くらいの男の子。

母に「この子貰う?」
と聞いたら、あまりにかわいいものだから、
今の家で十分幸せなのだから貰いうけたらかわいそうだという。

それが土曜日の昼下がり、である。

わがままは言えない、としょんぼりする母に、
「かわいい子がうちにきて幸せになるところをイメェジしたら?」
なんて言って、

でもうちに来て幸せをつかむ子に来てもらいたい、
そんなことを思っていたのである。
[まろうどの座から]の続きを読む
まろうどの座
まろうどの座
母が転院して早いもので一週間。
リハビリ病院に自費入院、である。

階段登れるようにならないと、家に帰れないよ。

でも、自分の家、ではなく、
ワタクシの扶養家族、となるわけで、

婿養子でもない家人の心の広さには、
足を向けては寝られない、
お尻を向けて寝ることにする。

んで、母。
「同居の条件として、猫が飼いたい」
のだそうである。
[まろうどの座]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。