竹山馳駆太郎日記
オヤディな日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小僧の自転車
caida
小僧の自転車練習、も、そろそろ仕上げである。
もうじき道路にでられそうな気配。
練習成果
オトモダチの中には、
そろそろ自転車に乗って出かけられるほど上手な子もいて。

なかなか時間の取れない家人に代わって、
ぷいことアミミン@ぷいこの幼馴染が特訓に加わってくれた。

「もうそろそろダイジョブそうだよ」
そんなお墨付きを頂き悦に入る小僧。

「おやつ、行こうよ」
隣接するショッピングモールに誘う。

[小僧の自転車]の続きを読む
スポンサーサイト
アナタトワタクシノアイダノ距離
何をかいわんや
フェンスをのりこえてはいけません。
きけんです!

学校は、教育の場です。
子どもは、大人のまねをします。
乗り越えている人を見たら、注意してください。
それが、大人の責務です。


この秋とある小学校で見かけた注意書き。
9月の運動会の朝、
ビデオを撮りたい親たちは朝7時開門、ということで、
門に並んでいたのだという。

7時開門。
運動場に入るとトラックの周囲一面すでに場所取りのシートが並んでいた。
約束を守って並んでいた若い父親が激昂して、
先生に詰め寄ったのだという。

ま、そりゃそうだわな、
だって規則を守った人がバカミタイぢゃないですか。
その男性は撤去を要求したらしい、が、
学校側は、
「早朝の場所取りについてはこれを撤去する」旨
通告していないのでできない、ということで
なんだかしこりめいたものを残しながら、
皆後ろの方に場所をとったのだという。
…うちは、8時ごろ空いてる場所にちっちゃくシート敷いたけどね。
[アナタトワタクシノアイダノ距離]の続きを読む
あるラビがこう言った
飛び立ちかねつ…
先日見た「僕と未来とブエノスアイレス」の中で印象に残ったエピソード。

なぜオヤジは割礼を済ました赤ん坊の僕を捨ててイスラエルへ行ったのか。
ユダヤ教の老ラビに疑問をぶつける主人公。

ラビが諭すのだが、
それが実に「らしい」コトバだった。
[あるラビがこう言った]の続きを読む
イギーは何処へいったのかー父親たちの星条旗
蒼
硫黄島二部作。
アメリカからの視点、
「父親たちの星条旗」を見た。

今月の初めだったかな。

よくわからない部分があって、
ジェームズ・ブラッドリーの「父親たちの星条旗」を読んでみた。

イギーはどこへいったのか。
イギーに何が起こったのか。

映画では詳しく触れられなかった事実は、
ジョー・ブラッドリー「ドク」のその後の人生を決定付けたといっていい。
[イギーは何処へいったのかー父親たちの星条旗]の続きを読む
2001.12.22の遺産
hojas muertas
横浜煉瓦倉庫の脇に海上保安資料館横浜館というのがあって。

2001年12月22日。
その日付はわからなくても、
おそらくあの映像は見覚えがあるに違いない。

九州南西海域における工作船事件、
自爆し海中に沈んだ工作船を引き上げたものを
以前は台場の船の科学館に展示されていたものが常設展示となっている。
決して心愉しい展示ではないけれど、
日本を取り巻く海は常に凪いでいるわけではない、
そんな認識を新たにするのも大切かもしれないな。
海上保安資料館横浜館外観
[2001.12.22の遺産]の続きを読む
1122ノ深淵
木立
11月22日。
巷では「いい夫婦の日」なんだそうで。

朝のニュゥスでお約束のフウフの闇を暴いていた。

夫の定年後たくさんの時間を二人で過ごすことについて。
生まれ変わったらもう一度フウフになりたいかどうか。
先立たれたら明るく人生を楽しんで生きていかれるかどうか。
同じ墓に入りたいかどうか。

なんて、当然結果が見えてくるような質問でね。
[1122ノ深淵]の続きを読む
あぅの席巻
06050515.DSCN2288.jpg
久々の同期会があった。
中高年一年生(縛)が30名ばかり、
寒い寒い雨の中都内某所に参集し。

2年前に集まったときにはなかった「健康談義」がちらほら。
やれナントカロイチンやらカントカザイムとか、

やぁねえ。
[あぅの席巻]の続きを読む
謎の求人広告
珊瑚
ある情報誌でかれこれ半年前見つけた地元求人広告。

店舗新設!
新しいお店であなたの個性を生かせます。


…さて何のお店でせうか。
[謎の求人広告]の続きを読む
el abrazo partido-僕と未来とブエノスアイレス
vida es
なんで映画の配給会社って妙な邦題をつけるんだろかね。
 
原題el abrazo partido.
(二分された抱擁、じゃね、邦題つけないとわかんないけどな)
アルゼンチンのブエノスアイレス。
Onceという地区があって、
昔からユダヤ系の移民が商店街を作っていた。

生地、靴、洋品店、
あと貴金属とか時計、両替商とかね、
ガレリアと呼ばれる商店街にさまざまな店があり。

ワタクシがいた頃には、
コリアン系移民が多く入ってきて、
もはやオンセはユダヤ街でなく、
coreanovichコレアノビッチ、
つまりユダヤ街を侵食したコリアン系なんていわれ始めていたなぁ。

あったかな人情ドラマ、なんて陳腐な紹介文が、
どのくらい見ずに損をしている人がいるのかな、なんて、
ちょっと文句を言いたい気分になるな。
[el abrazo partido-僕と未来とブエノスアイレス]の続きを読む
家人細切れホラーを鑑賞する
秋桜
家人がDVDを見ている。
和製ホラーなんだけど。

別に見てはいけないという気はない。
一緒に見て欲しければ付き合ってやらぬこともない。

だがね、
もう6日間も途中で眠りこけて、
毎晩細切れでみせられるのってどうよ(笑)
[家人細切れホラーを鑑賞する]の続きを読む
家人メルをうつ
アキノミ
さんざんぷいこに笑われたから。

ということでもないのだろうけど、
家人がケイタイをいじり始めた。

ムラッ気の凝り性突然曲がるオヤジ、
いじり始めたらいじり倒すまで止めないヤツである。

昼頃からピッピキピッピキ、
メルが届き始める。
[家人メルをうつ]の続きを読む
娘、父を嗤う
ウルトラ万太郎
えっと、自分のケイタイ変えたついで(ついでかよ)に、
「家との連絡用」にもう一個購入した。

1円。
アダプタが945円、っていうなんとも恐ろしい商売である。

それって、
布団圧縮袋のセットの七福神財布だけ貰って来るのと、
かなり近い商法である。

「家との連絡用」
これには含みがある。ウルトラなひとたち

[娘、父を嗤う]の続きを読む
EXODUS-出何処紀
tubes
あ~、ご無沙汰、なのである。
別にエジプトから脱出していたのではなく、
離婚をしたわけでも、見合いをしたのでもない。

ただ、単純に、家人サァヴィスをしてたら、
更新する時間がなくなって、
んでもって、酩酊していた一週間だったわけで。

でも、ワタクシ的には、
いろいろなマイナーチェンジを敢行した一週間であった。
…放置プレイの言い訳にもならないけどね。

マイナーチェンジその1.
民族大移動の波に乗って、
ドコモの民からAUの民となった。
[EXODUS-出何処紀]の続きを読む
闇の存在に気づくとき
luz y...
小増の趣味、といえば消防、である。
一体これまでにどのくらいつぎ込まされてきたか、
ホントにため息ものである。

…そしていつまでミニカーで遊ぶのかどうかも、
ちょっと最近の関心事である。

そして、小僧。

実は飛び道具も好きだったりする。
[闇の存在に気づくとき]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。