竹山馳駆太郎日記
オヤディな日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
婦唱夫随。
秋桜
一昨日だったか、車の助手席の下でアイブロウペンシルを見つけた。

…ワタクシのものではない。

家人に聞くと、
「お前のかと思ってた」という。

そこで会話が炸裂する。
[婦唱夫随。]の続きを読む
スポンサーサイト
名医の条件
花をおくる

小僧、おいたつきである。

体中にポツポツが出て、
痒い、ような、気がする、らしい。

掻いてはいない。
だから痒いようにも見えないのだけれど、
でも痒い、気分なのだそうである。

でもとにかくビミョウに顔は腫れていて、
虫刺されでも蕁麻疹でもない。

風疹のような湿疹、である。

原因はよくわからない、
てか、
医者はわからないと言っている。

何というか、
「手足口病の変種のウィルスだと思うよ、
 感染しないから幼稚園には行ってもいいよ」
って言うらしいんだけど、
原因のわからないポツポツでて幼稚園に行くのは、
本人もちょっとはばかられるだろうし。

医者も、
「お、幼稚園なんて毎日行かなくてもいいんだから、
 休ませちゃうって手もあるな。
 そういうポツポツが出るのって疲れている証拠だからさ。
 あ、だからといってポツポツの犯人ぢゃないけどさ。」

半分静養、半分ずる休みである。
[名医の条件]の続きを読む
ニヲイノシナイ日常…
IMG_1608.jpg
どうやらヨノナカは抗菌の次は無臭、という流れらしい。

ヨソの家にお客に行った主婦が、
小鼻をうごめかして、
ニオワナ~イとかいうCF。

そりゃゴミが臭ったらよろしくないけど、
そんなに無臭がいいのか、といえば、
ニヲイフェチのワタクシとしては、
ちょっとちっちゃく反旗を翻したいところである。
[ニヲイノシナイ日常…]の続きを読む
ジュゥスぢゃない、コーラぢゃない♪
蔦
ってコピーに「あ゛…」と思ったそこのアナタ、
昭和のオトモダチですね(はぁと)

んで、飲んだ記憶、ありますか?
ドクターペッパー、という謎の飲料を。

秋葉原では結構普通に売っている。
ファミマでも見たことあるな。

で小僧がピクミン2をコンプリートした。
なかなかよくできたゲェムで、
お宝を回収すると初代ドルフィン号がお宝鑑定をするのだけれど、
例えばベイゴマはアルティメイト・スピナー、
コンビーフ缶はみっちりコンテナ、
などと命名してくれるのが壺である。

そのゲーム内で
「あらがえぬエンブレム」
というのがドクターペッパーの瓶蓋である。
[ジュゥスぢゃない、コーラぢゃない♪]の続きを読む
瓦解。
vida es
ちょっとした感慨がある。

ある市役所の、カラ出張、ぢゃないや、
カラ出勤、でもない、
えっと、謎出勤?

とにかく、幽霊職員、というか、
一日あたりの労働単価のメチャメチャ高い人の話。

時代は変わったな、そんな感慨である。
[瓦解。]の続きを読む
立ち位置を巡る冒険
煉瓦
ま、ある国のフィクションとしてちょっと書いておこうかなと思う。

ある女性がいるとする。

マスコミにレポーターだったかMCだったか、
いろんなところにある時期露出していたとする。

当時は茶髪で年に似合わぬキャピキャピキャラ、で、
○○節とでも言ったらいいのか、
好きな人は好きだろうけど、
なんとも蓮っ葉な印象の女性だった、とする。

当時から突出していたのが、
カメラでの立ち位置をよく心得ていらっしゃる、ということで。

それは政界転身後も、
何かカメラに露出する機会があれば、
一番いい位置をキープしていて、
相変わらずだなぁって知っている人間たち同士、
お噂申し上げていたところである。

多くの水を泳ぎ分け、
暖流寒流、支流亜流、
海水淡水汽水、とうとう本流までたどり着いた謎のオサカナ状態、である。


[立ち位置を巡る冒険]の続きを読む
生存率30%
ガーデニング
エビちゃん中隊の生存率、DAY4。

30%。

夜中に戦闘があったらしく、毎朝起きるたびに、
ムクロと化したエビちゃんが転がっている。

ボイルしたミクロ鮨種のように、
赤い縞々模様がくっきりと、

随分と鮮やかな遺骸ではある。
[生存率30%]の続きを読む
チャレンジャ
秋の空
とある場所で行われたパソコン講習、
ホームページ講習だというのでね、
ちょいと覗いてみた。

おお、見事にシニアばかり、
質問もビミョウにイビツにマニアックである(謎笑)

わかっていて質問しているのか、
メクラ弾を四方八方に撃っているのか、

その判断をする有資格者を講師って言うんだろうな。
[チャレンジャ]の続きを読む
恩師タリエタコトヲ
oton~o
いじめに関連したニュゥスを聞くたび、
深い思いに囚われる。

どうして抵抗もせず、
どうして助けを求めず、

長い長い時間を一人過ごしていたのか。

自分の過去への内なる問いかけの旅である。

過去を戻すことはできないけれど、
なにかそこから善きものは芽生えていないか。

山火事の後を何度も訪れて芽吹きを捜す、
そんな小さな作業である。

[恩師タリエタコトヲ]の続きを読む
カオスフタタビ
LOVE&PEACE
生餌禁止令が出ている我が家。

しかし、どうしてもバイオ濾過を完成させるためにも(嘘)
イシマキガイが必要である、

…だって、安かったんだモンっ!

伍長は時に殻をガジガジしてカルシウム補給源としているし。
家族の冷たい目、に耐えていたのだが。

伍長に昇格して以来、
何というか、若干餌の喰いが悪かったり、
もう子どもじゃないモンヲーラを発していたり、

そしてワタクシはカオスを再現することに決意した。
[カオスフタタビ]の続きを読む
暴かれた秘密ーミイラノカッパ皿
hojas
ぷいこと上野に行った。
大英博物館ミイラと古代エジプト展、ダリ展。

さすがにもう一つ、は、ムリだったのだが。

平日なので当日券を買うための行列、はなかったものの、
館内はそれなりに混雑していた。

ま、ぷいこと二人だったら、
比較的身軽なので
(小僧はそんなに集中して見ていられないからね)
ミイラのまん前で流れを止めて、
関節痛の話をする妙齢のオバさまたちに多少いらっとしたものの、
おおらかに楽しんで来れたかな、と思う。

んで。
[暴かれた秘密ーミイラノカッパ皿]の続きを読む
オノレノクジ運ヲワラエ!
オルガンの意匠

豊洲にできたララポートに出かけた。
というのも、キッザニアなる子供向けアミューズメントがあり、
幾つもの職業体験ができる、という。

家人の得た事前情報、としては、
「午前中に着けば当日券はある」
ワタクシが確かめたところによると、
「朝9時に当日券のための列ができる」

家人としては、
そんなに朝早く行かなくても…、
と思ったらしく、
んでもって湾岸線大渋滞という予定調和的な出来事もあり、

…当日券は10時半には完売となっておりました♪
[オノレノクジ運ヲワラエ!]の続きを読む
家の記憶
都心にある家
九段界隈を散歩していたら、
こんな家を見つけた。

サッシのはまっていない、
こんな家、なかなか最近はお目にかかれない。

どんな人が住んでいるのだろうか。
[家の記憶]の続きを読む
ぷいこの秋休み
ゴールテープを切れ
金曜日にあゆみをもらってノタコラ帰ってきたぷいこ。
11日まで秋休みである。

とはいっても前半3日は三連休だから、
ぷいこひとりが休みなわけではないが。

「2学期制になってホントよかったよ~」
などというぷいこ、
夏休みが2日前倒しになったときには、
さんざんぶつくさ言っていたのに、である。
[ぷいこの秋休み]の続きを読む
客トヨブニハ
DSCN3173.jpg
家人の店。

今朝、かなりの雨の中。
普通傘差しての通勤となるのであろうが、

駅まで5分、の家人の店の前を、
傘を差さずにレジ袋を被って駅に向かうサラリィマンがいた。

電車、乗るの?
ずぶ濡れだよ、
皆に嫌われるよ…

そう思った次の瞬間、
店先においてあるビニル傘を握って、

[客トヨブニハ]の続きを読む
あの子の手紙
オソラノムコウニ
新聞に少女の遺書が一部掲載されていた。
一人でどんな思いでこんな辛い手紙を書いていたのか。

書く文字一字一字が少女を追い込んでいったのか。
或いは旅立つ準備のために7通の手紙が必要だったのか。

本当はまだまだ生きていたかったのだろうに。
ホントは目覚めたときに全く別の生活が目の前にある、と、
幼い心で思い詰めてしまったのだろうか。

[あの子の手紙]の続きを読む
七通の手紙
秋桜
どんな気持ちで少女は7通もの手紙を書いたのだろうか。
それを思うと息ができなくなるほどのかなしみにこの身が震える。
[七通の手紙]の続きを読む
キャスティングの闇
蔦

ぷいこがコナソを見る、という。

アニメの後に続く実写版、と、
台場局の世にも奇妙、がかち合っていて、
どちらを先に見るかうなっていた。

あの、あのね、
お子ちゃまの時間は9時でおしまい、
ちゃっちゃと寝てしまへ。

そういいたいところだけれど、
家人も見るんだしね、
連合艦隊になって承認を求められると、

ま、仕方ない、ということになる。
[キャスティングの闇]の続きを読む
PAD-AEDのある光景 東京国際フォーラム
#
東京国際フォーラム。
…あんまり行く機会はないのだけれど、
ぷいこと試写会に行ったとき。

そうか、東京国際フォーラム、って、
相田みつを美術館があるところか、

その程度の認識だったのだが。#

[PAD-AEDのある光景 東京国際フォーラム]の続きを読む
今日から伍長♪
伍長>上等兵

ちょうど一週間前、上等兵は脱皮した。
いつも驚かされることなのだが、

脱皮するとでかくなる。
どうやって前の鎧の中に入っていたのか、
そんなことを思うほど、ね。

もはや、伍長の風格、である。
初代伍長と同じくらいの大きさにもなったので、

とりあえず伍長に昇格である。
異論、は、ございませんね?
[今日から伍長♪]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。