竹山馳駆太郎日記
オヤディな日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試写会とやらへ行く
煉瓦倉庫
試写会に行ってきた。
レディ・イン・ザ・ウオーターとかいうの。

別に誰がいい、というわけではなく、
監督はサイン、シックスセンスのM.ナイト・シャマランで。

ぷいこと一緒に試写会、というのをしてみたかったのだろう。
[試写会とやらへ行く]の続きを読む
スポンサーサイト
イマイノリダイヤル
iwatobi
汐留局の番組で、
不正請求を追っかける特番があって、

今井氏、という人物が不正請求者に連絡を取り、
いろいろ話を聞きだすというのをやっていた。

内容はともかく、
その今井氏、というのが、
相手に切られても切られてもリダイアルし続ける。
[イマイノリダイヤル]の続きを読む
オヤディ、ウサギさんを救う
アカイミアヲイミ
…オヤディの酩酊日記、のはずが、
かなり分不相応な記事群がならび、
脱力目的に来られたご常連様方には、
ちょっとご迷惑をおかけした感のある、
最近のワタクシ、である。

ただ、硫黄島やって、一杯呑んで、
硫黄島やって、家人と喧嘩して、
硫黄島やって、ざりぽんの自慢話、っていうのも、ねぇ。
まとめて上程したらかなりの量でね。
タイヘン真面目なブログのようになってしまった。

いつものワタクシに戻ります、速攻で。

えっと、ウサギさんを救った。
それも、同じ場所で今年二度目、である。
[オヤディ、ウサギさんを救う]の続きを読む
硫黄島、玉砕の証言者たち10-最終章
DSCN3423.jpg
投降も自決も出来ず苦しみぬいた硫黄島守備隊2万1千人。
一万を越える遺骨がまだ眠っているという。

証言者4.元海軍通信兵79歳
死んでねぇ、意味があるんでしょうかねぇ、
どうでしょうねぇ。
だけど無意味にしたんじゃ可哀想ですよね。
それはやりきれないでしょう。
おまえ、死んで意味なかったな、
というんではこれじゃひどいですよね、家族に対してもね。
そしてどんな意味があったかというと、
これは難しいんじゃないですか。
まぁ、俺はこういう生き方しか出来なかったんだ、
勘弁してくれ、っていうだけじゃないでしょうかね。
これで許してくれ、俺はこれで精一杯なんだ、
という気持ちでしょうね。


[硫黄島、玉砕の証言者たち10-最終章]の続きを読む
硫黄島、玉砕の証言者たち9
野の花
5月17日最後の日本兵掃討、63人拘束、死者20人
とらえられた兵士たちは栄養失調と酸欠で意識混濁状態であった。
洞窟の惨状には米兵すら言葉を失ったという。
なぜここまで続けねばならなかったのか、
硫黄島玉砕戦はそれは極限の戦争だった。
[硫黄島、玉砕の証言者たち9]の続きを読む
硫黄島、玉砕の証言者たち8
wave

5月7日南方諸島航空隊本部壕への本格的な攻撃が始まる。
発煙弾による燻り出し、
入り口から爆薬を投入、生き埋め。

5月14日最後の行動へ。
奥に逃れた生き残った兵士に対して、
海水を注入し、海水の表面には大量のガソリンが漂っていた。
[硫黄島、玉砕の証言者たち8]の続きを読む
硫黄島、玉砕の証言者たち7
蔦
5月になっても続く篭城。
他の壕から焼け出された兵士も南方諸島航空隊本部壕に避難していた。
日本兵同士の衝突。

[硫黄島、玉砕の証言者たち7]の続きを読む
硫黄島、玉砕の証言者たち6
IMG_0791.jpg

地下潜伏兵の掃討作戦開始。

まず投降呼びかけ。
しかし日本兵は応じない。

元米陸軍兵士の証言82歳。
ある意味では彼らの勇敢さ国への思いの強さに感心しました。
しかし出てきて生き抜こうとしないのはばかげていると思いました。
我々はこれ以上傷つけるつもりも殺すつもりもない。
君らはこの島を生きて出られる、
日本に戻れるのだと約束していたのです。
それなのになぜなんだ、
一体どんな思いが彼らの中をよぎっているのかと思いました。
[硫黄島、玉砕の証言者たち6]の続きを読む
硫黄島、玉砕の証言者たち5
IMG_0788.jpg

栗林中将は司令部の放棄を決断、
3月17日大本営へ最後の打電。

「戦局 最後の関頭に直面せり
 敵来攻以来 麾下将兵の敢闘は
 真に鬼神を哭しむるものあり」
(栗林忠道訣別電報より抜粋)

3月26日敵陣を襲い全滅した栗林部隊が米軍のフィルムに残っている。

降伏を拒否し捨て身の攻撃を仕掛けてくる日本軍に対し
アメリカ軍は空軍力の増強を決定する。

日本軍から奪った硫黄島の飛行場はB29護衛戦闘機の基地となり、
本土の都市への絨毯爆撃は激化の一途をたどることになる。

最高指揮官の戦死後、数千人が未だ地下に潜んでいた。
生還者にとっての新たな地獄の始まりである。
[硫黄島、玉砕の証言者たち5]の続きを読む
硫黄島、玉砕の証言者たち4
IMG_0904.jpg

地下壕から飛び出した日本兵は米軍の狙い撃ちに遭い、
海兵隊の記録によると玉名山の日本兵800人戦死。

防衛拠点の一つが陥落し大勢は決した。
戻る場所も部隊もなくなった兵士たちは、
孤独で凄惨なゲリラ行動へと追い込まれていく。
[硫黄島、玉砕の証言者たち4]の続きを読む
硫黄島、玉砕の証言者たち3
夏の雲

戦死者が戦闘の半ばで4000人を越え、
米軍は硫黄島奪取に全力を注ぐ。
壕の入り口を見つけ出し火炎放射機で焼きつぶしていく。

一つ一つ撃破される補給なき陣地。

証言者2.79歳元海軍兵士
皆もう戦死していったのは、
全部壕で戦死して行ったものは、
小さい壕に皆入れちゃうんですね。
大きい壕から小さい壕へみんな搬送しちゃうんですね。
毎日毎日死んでいきましたもんね。


証言者1.元硫黄島守備隊83歳
生きる希望なんて当時なかったでしょう?
早い話がどうせやられるんなら苦しい思いしないで一発で即死、
そういうふうな場面を皆想像したわけですよ
最後まで戦えというのはすごく苦しい思いですよ。


陸海軍中央協定研究・案(昭和20年2月6日)
硫黄島を敵手に委ぬるの止むなしとす。

硫黄島は続く沖縄、本土決戦の捨石となった。
国民も兵士も知らぬ間に大本営は硫黄島を見捨てていた。
[硫黄島、玉砕の証言者たち3]の続きを読む
硫黄島、玉砕の証言者たち2
door
玉砕による組織的な戦闘が終結した硫黄島、
数百に及ぶ地下壕の中で
40℃にもなる地熱の中で、
持久戦に持ち込むことで本土への防波堤となった硫黄島。

多くは急遽召集された3,40代の年配者と16,7の少年たち。
戦闘のいわば素人であった兵士たちに与えられた硫黄島守備隊戦闘心得。

負傷しても戦い虜となるな
苦戦に砕けて死を急ぐな  

華々しい討死も許されず、
降伏も許されない、逃げ場のない戦場だった。aka-gami

[硫黄島、玉砕の証言者たち2]の続きを読む
硫黄島、玉砕の証言者たち1
静寂ー千鳥淵

ちょっと迷っていたのだけれど、
メモとして残しておきたい。

硫黄島生存者61年目の証言、
ある方から番組を見たかったが聴覚に自信がない、
そんな秘密通信をいただいたこともあり、
証言の部分のみ起こしてみた。

かなりの長さになるのだが、
数回に分けて上程することにする。

硫黄島の戦闘で生還したのは21000人の硫黄島守備隊、
うち1000人だった。
玉砕といえば、バンザイ突撃、
上陸を阻む肉弾攻撃、海岸線で全滅、
そんなワタクシたちの想像を、
或いは無知を打ち砕く生存者の証言がここにある。
[硫黄島、玉砕の証言者たち1]の続きを読む
ウツクシキニッポン
minato

ウツクシキニッポン。

なにもこれは隣国成金のためのディスカバリィジャパンの観光案内ではないよ。
アベノシンチャンが言っていたのだった。

実に聞く者の情緒を揺さぶるコピィではあるのだけれど。

ただそれを言うニンゲンの脳内にどのような風景があるのか
ーそれがアナタの風景に一致するのかどうか、は、
保障の限りではないと思われる。 
[ウツクシキニッポン]の続きを読む
おでん開き
秋桜
おでんの季節である。

今年初めてのおでんを我が家では「おでん開き」と呼ぶ。
一昨日、おでん開きをした。

毎年話題に上るのが、
「オデンダネのリストラ」について、である。

だって、昆布と鰹と鶏肉の出汁とって、
あれやこれや煮込んでいくと、

寸胴鍋と行平鍋二個、
たちまち一杯になってしまうんだもの。
[おでん開き]の続きを読む
甲・殻・病
aguaviva
家族で行った水族館で慶祝モードの鯰の展示を見て、
「いい流木ぢゃん」

松本サリン事件の映像でひっくり返っているザリちゃんに反応し、
「あっ、ザリちゃんがぁ」

無農薬野菜についてる虫を割り箸でとって、
「喰えるかなぁ」

「ねぇねぇ、今度の日曜日さぁ、
 ティアラに行こうよ、水草と餌メダカでも買ってあげようよ」
[甲・殻・病]の続きを読む
遊山する人々。
微妙なるバランス
バカップルの片割れからメルが届く。
「麺麭喰亀はどこにいるのか」、という。

お、遊山に出かけたか。
タイヘンよいことだと思いながら大体の場所を教える。

…お楽しみいただけたようで、ある。

いいねぇ、3連休に遊山。
近くとも、雨模様であろうとも、
新婚の頃見た一緒の風景ってその後何年過ぎても、
なかなか「日持ちのする記憶」として、
いい味わいとなっていく。
[遊山する人々。]の続きを読む
上等兵の意趣返し
透明な存在。。
どうやら上等兵に成ったその日に始末をつけたらしい。
エビちゃんが水槽から消えてしまった。

つねに「うりゃっ!」とか「でゃっ!」とか、
二等兵をさんざんおちょくっていたエビちゃんの姿が、
…そういえば昨日から見えない。

…喰っちゃったのか?
ま、喰ってもしかたがない、
というか、毎日毎日うっとうしくされていた上等兵の、
堪忍袋の緒がきれた、というところであろうか。
[上等兵の意趣返し]の続きを読む
カクレテカガミ
蓮見茶屋
罰金30万円と手鏡没収。

例の人がまた何かやらかしたようである。
開いた口が…などというレベルではなく、
カクレテカガミの時冤罪を主張する例の人を信じて、
(それは自由だけれどね)
活動の場をナントカ創出しようとしていたワカモノを知っているだけに、
なんともいえない後味の悪さを感じている。

賢き頭に品格とか徳も宿る、
とは必ずしもいえない、ということか(笑)

[カクレテカガミ]の続きを読む
ルーキィの危機
拳立て
上等兵に食欲が戻ってきた。

ザリゴハンをあげるととりあえずいそいそと壺に退却。
エビちゃんに狙われないところでゆっくり食べるのが旬である。

自然、壺もかなり汚れてしまうわけで、
壺を取り出して洗うのも大事なメンテナンスになりつつあるのだが。
[ルーキィの危機]の続きを読む
ココダケノココダケノ(笑)
物想ふ頃
H木K子が嫌いである。
彼女が出演する番組、は、ザッピングもしない。

あんなババァにあんなにメチャメチャ言われたくない。

が。

CMである回の予告が出ていてね。

相変わらず相談者を面罵するんだが、
「今のあなたには実力も何もないじゃない!!!」
と言い放つのだが。

パーンされる相談者の顔を見て、
死ぬほど笑った。

以下、フィクションである。
[ココダケノココダケノ(笑)]の続きを読む
ボエー星人の夜
idanoyoru
この前の日曜日、は、一年に一度訪れる恐怖の夜、だった。

ボエー星人の夜。

ボエー星人が家の裏の神社に集い、
地味に侵略活動を行う夜である。

もう10日も前から櫓が組まれ、
樹木も刈り込まれ、
氏子というのがボエー星人の地球上の仮の姿、なのだが。

一年に一回地球暦における秋祭りの夜。

一大演芸大会という名の地球侵略活動をして、
地球を恐怖のどん底に叩き落す、

そんなボエー星人の拠点がうちの裏にある。
[ボエー星人の夜]の続きを読む
今日から上等兵
3度目の脱皮
小僧がナゾナゾを仕掛けてくる。

「ポンちゃんは、おとなか、こどもか、どっちだ?」
「まだ子どもじゃないかな、小さいし」
「いいえ、ちがいます、ざんねんでした」
「子どもだと思うんだけどな」
「おとなだよ、だっておひげはえてるじゃん!!」

そう得意そうに小鼻をうごかす小僧。

ああ、でも、早く元気になるといいなぁ。
[今日から上等兵]の続きを読む
二等兵、二階級特進の懸念あり
osoranomukouni
…ご無沙汰、なのである。
ちょっと二等兵の具合が悪い。

水槽を更新して、
水換えなども万端、だったはずなのだが。

ちょっと平衡感覚がおかしいらしく、
壺の中で横寝をしている。

ちょっと心配で、
更新どころの騒ぎでなかった。
[二等兵、二階級特進の懸念あり]の続きを読む
カオスを生み出すもの
nagi
先日、二等兵を買った店を覗いた。

ザリバカになったワタクシとしては、
後釜に来た子も見ておきたいところ。

二等兵がいた水槽を覗き込むと、
なんともう何週間も経つというのに、
補充どころか、汚れた水槽があのまま残っていた。

となりにいたプラケースのミステリークレイフィッシュの水も、
多分誰も替えないのか、惨めな有様になっていた。
[カオスを生み出すもの]の続きを読む
カオスを呼ぶ喰イモン
プレコご飯を独り占め
パックDEアカムシ、というものすごい名前の餌がある。
別にザリゴハンに特化したものではないのだが。

冷凍したアカムシが薬の入ってるプラケースに固まっているのを、
水槽に投げ入れると融けてバラバラになって下に落ちる。

水、汚れそうだなぁ、
触るの、ヤだなぁ、

そして何よりも!!
フリーザーで保存するのがヤ、なのである。

が、実は二等兵の大好物である。

道外れた甲殻愛に囚われたワタクシにとっては、
これぞ愛の試練、
っていうヤツである。
[カオスを呼ぶ喰イモン]の続きを読む
AEDのある風景ー新宿住友ビル
新宿住友ビル
新宿都庁の道路を挟んで向かい側。
角の取れた三角形の新宿住友ビル。

最寄り駅は都営地下鉄大江戸線「都庁前」。
この駅にもAEDがあるのは既出であるが。
a
高い高い複数のオフィスがあるこのビルにもAEDがある。
設置場所は
警備システムも確立しているだろうし、
あとは各自ケイタイに登録すべし、ということか。
でもこの連絡先があるだけで、
あるいは内線でかけるのかもしれないが、
取り寄せ可能、そんな安心感がある。
謎ノ喰ヒ物
タコヤキ
ある人に防災用にどうぞ、と言って頂いた物である。
防災用に保存しようかと思っていたら小僧に見つかった。

なんだか、4個しか入っていないみたいだし、
食べちゃいますか…と話はまとまり。
[謎ノ喰ヒ物]の続きを読む
AEDのある風景ー幕張メッセ
幕張メッセ
広い広~い幕張メッセ。
AEDが設置されていることをしっかり期待しつつ、
ダダ広い通路を行くと、
相変わらず、目立たないところにあった。
ここは…
[AEDのある風景ー幕張メッセ]の続きを読む
憫笑ヲサソウ甲殻愛
イシマキガイ小隊の危機

…またエビカニかよ、
そんな誰かさんの呟きが聞こえてきそうなのだが。

先日、巨大な熱帯魚店に行ったときのこと。
ぷいこが、
「ねぇねぇ、『ザリちゃん』とかいうのやめなよ」
と言う。

…そんなこと言ってたかなぁ。
[憫笑ヲサソウ甲殻愛]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。